和装スタイルが人気?!流行りの「フォトウエディング」とは?

和装フォトウェディング

昨今、結婚式の新しいスタイルとして「フォトウエディング」は人気があります。様々な衣装で撮影出来るフォトウエディングですが、現在、和装での撮影が密かに人気を高めています。そこで今回は、フォトウエディングを和装して撮る魅力をお伝えしたいと思います。

フォトウエディングとは?

水岸でフォトウェディング

フォトウエディングとは、結婚の挙式や披露宴をせず、結婚の記念に写真撮影のみを行うスタイルの結婚式になります。しかし、大きな括りとして、結婚式を行う人の前撮りや別撮りもその意味に含みます。

フォトウエディングを行う人の理由には、「結婚式は少し恥ずかしいけれど、2人の結婚写真は残しておきたい!」「憧れの花嫁衣裳を着たい!」等、人それぞれに色々な理由がありますよね。フォトウエディングは、気軽に撮影が出来て気負いする事も無いので、色々な人のニーズに応える事の出来るブライダルサービスと言えます。

フォトウエディングの費用価格とは?

街を背景にフォトウェディング

フォトウエディングは価格的にかなりリーズナブルな料金設定になっています。フォトウエディングを行った新郎新婦の平均的な費用価格は、約3万円~5万円となっています。フォトウエディングには、「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」があるのですが、各撮影での衣装や撮影カット数によって価格は色々変動しています。また、家族やペットと一緒に撮影する場合は、オプション料金がかかってきます。

[スタジオ撮影]
和装:約3万円~10万円程度
[ロケーション撮影]
和装:10万円~15万円程度

フォトウエディングで人気の「和装」!!

和装結婚式

[人気が高まっている理由]

1.日本人の風格ある写真を残せる

ここ最近は、多くの芸能人も和装で結婚式を挙げる機会が増えてきており、その影響もあって和装婚の良さが改めて世の中の人にも見直されています。日本の日本男児・大和撫子として、一生に一度の結婚の記念に和装婚に憧れを抱くカップルが増えています。近年の和装でのフォトウエディングでは、昔の様にヘアは和装=カツラを被るスタイルでは無く、洋髪のヘアアレンジでの撮影も出来るようになりスタイルにも柔軟性があるので、和装でのフォトウエディングに挑戦しやすくなっている点も魅力になっています。

2.日本の結婚式の雰囲気を味わう事が出来る

海外で結婚式を行うカップルには、和装でのフォトウエディングが大変人気があります。海外挙式では、ウエディングドレス、タキシードを着て華やかにリゾート地で結婚式を挙げますよね。しかし、和装でのフォトウエディングでは、洋装の結婚式とはまた異なる雰囲気の中で写真撮影が行われます。撮影場所も、スタジオはもちろん日本庭園等に行って落ち着いた静かなロケーションで撮影を行う事が出来る等、和装婚の雰囲気を肌で感じて味わう事が出来ます。

3.大人婚にも支持が高い

近年は、結婚をする年齢も上がってきていますよね。いわゆる大人婚が増えてきている現代では、和装のウエディングフォトは、大人の風格が漂いしっかり大人の魅力と雰囲気を演出してくれます。着物のデザインも、シックで落ち着いたカラーやデザインの物があるので、結婚年齢が上がっても抵抗を感じる事も無く、結婚式の撮影を楽しく行う事が出来ます。なので、大人婚のカップルには和装出でのフォトウエディングは人気があります。

4.両親に喜んでもらえる

和装は日本の伝統的な結婚式のスタイルですよね。特に、新郎新婦の両親が年配の方であれば、和装での撮影を喜ばれる両親は多いです。和装のフォトウエディングでは、両家の両親を交えて撮影をするケースも多く、親子で素敵な記念写真を残したいと考えている新郎新婦の方が沢山います。親子で撮影を行えば、撮影した写真を両家の両親へプレゼントする事も出来たり、自分の子供との撮影体験が思い出になったり、両親にとっても良い記念になるとして喜ばれています。

[和装でのフォトウエディングのメリット]

1.ロケーション撮影が楽しめる

結婚式の当日と言うのは、新郎新婦にとってはゆっくりと写真撮影に割く時間がありません。なので、自分達が着たかった和装を身にまとっていても、十分に撮影する時間を確保する事には難しさがあります。しかし、フォトウエディングであれば、前撮りが別撮りでの撮影になるので、新郎新婦の2人にも時間や心に余裕が持てるので、満足のいく結婚写真を撮影する事が出来たり、和装に最適なロケーション撮影を実現する事が出来たり、和装にマッチした場所でゆっくり撮影が可能です。

ロケーションにマッチした場所とは…

  • 庭園
  • 歴史的建造物
  • 満開の桜
  • 紅葉 等

このように、和装が映える場所での撮影が可能で、季節感や風情、趣を感じながら撮影を楽しむ事が出来ます。結婚式の会場で撮影するよりも、和装の良さや持ち味を活かした場所での撮影は、写真の世界観も演出しやすかったり、細かなリクエストにもゆっくりと対応しながら撮影を進めていきやすかったりする良さもあります。

2.思い立ったら直ぐにでも撮影出来る

結婚式を行う際には、自分達の都合ももちろん考慮しますが、招待客の都合や、縁起の良い日取りに配慮し、様々な都合を擦り合わせてベストな日取りを調整しますよね。なので、2人の希望通りには結婚式を行う事は難しい場合もよくあります。

しかし、フォトウエディングの場合は、新郎新婦で結婚写真を撮影する日取りさえ合わせる事が出来れば撮影する事が可能です。他の人の都合を考慮する必要が無いので、結婚式のように日取りを決定するまで時間を要する事も無く、スムーズに日取りを決める事が出来ます。

[フォトウエディングの日取り決めでの注意点]
フォトウエディングは、撮影日さえ決まればお手軽に結婚写真を撮る事が出来るのですが、繁忙期と言うのも存在します。基本的に、春先や紅葉等の人気シーズンでは撮影予約が早く埋まってしまいます。なので、フォトウエディングをする事が早い段階で決まっている場合には、なるべく早い段階で日取り選びをして予約を押さえておく事がお勧めです。

3.色々な結婚衣装を着用して楽しむ事が出来る

結婚式では、新郎新婦も衣装選びをしますよね。招待客を招いての結婚お披露目になるので、衣装選びにも抜かりなく妥協したくないものです。しかし、結婚式で着用出来る衣装の数は限られますよね。なので、着たい衣装があったとしても、衣装を選別して選ばなくてはいけません。

例えば、チャペルで挙式をする場合には、洋装であるウエディングドレスを着用するのが一般的ですよね。しかし、「和装も着たい!」と思っている新郎新婦の方もいます。そのような場合、結婚式当日では着用出来なかった和装スタイルである、白無垢や色打掛等を着用してフォトウエディングを撮影する事が出来ます。その反対に、結婚式には和装をフォトウエディングでは洋装を着用する事も出来ます。このように、本番の式と前撮りや別撮りで、違う衣裳を身にまとって結婚写真を残す事が出来る事もフォトウエディングの大きな魅力です。

まとめ

草原でフォトウェディング

和装でのフォトウエディングは、洋装のウエディングドレスには無い、伝統的な日本古来の美しさがあります。フォトウエディングであれば、結婚式のスタイルや会場の雰囲気等を特考慮する必要もありません。なので、それぞれ新郎新婦の好みに合わせて、着物の色やデザインを選ぶ事も可能です。是非、これからフォトウエディングを検討されている方は、和装スタイルでいつもとは異なる自分達を演出して楽しんでみてはいかがでしょうか。